包茎と言っても色々な種類があります


ひとくちに「包茎」と言っても「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられ、症状もそれぞれ異なります。

ご自身のペニスがどのような状態であるのか正確に認識することから始めてください。
※包茎の詳しい状態については、自分で判断をするのではなく、クリニックでの診察をお勧め致します。

1.仮性包茎

最も多いのが仮性包茎です。平常時は包皮が亀頭を覆っているものの
勃起時は亀頭が露出したり、手でめくったりもできる事が特徴で、日常生活や性行為に差し支えない軽度のものは特に治療の必要はないと言えますが、勃起しても皮が?けにくかったり、何かのきっかけで傷ついた場所から感染症を起こす可能性があるくらいに包茎が影響するのであればこれらは治療が必要と言えます。

2.真性包茎

平常時であれ勃起時であれ、男性器に常に包皮がかぶっている状態を真性包茎と言います。

その包皮が亀頭の成長を阻害してしまったりし、いわゆる先細りのペニスになり易かったり、
時に亀頭と包皮が癒着している場合も多く見られるなど、成長と共に症状は深刻になりやすいので、早期の治療が望まれます。


3.カントン包茎

平常時にはどうにか亀頭を露出できますが、包皮口が狭いために一度無理やりに皮をめくった時
元に戻せなり、痛みが伴う様な状態はカントン包茎だと判断できます。
陰茎を圧迫し亀頭部分が鬱血してしまいますので、そのまま放置しておくと、鬱血している部分の一部が壊死(細胞が死滅)する恐れがあります。
皮をかぶったままだとしても、性行為によって狭い皮の部分が裂けてしまうなどの大きな負担となるので、いずれにしても速やかに医療機関で処置を受ける必要があるのです。

最終的な治療の有無を含めた治療方針の決定などは、担当の医師に託しますが
同じ仮性包茎でも、勃起すると自然に亀頭が露出する軽度の仮性包茎はむしろ現在では自然な状態だという認識も増えてきましたが
ご自身の状態を正く理解をすることで医師との信頼の構築を含めたスムーズな治療が可能になるので
まずご自身がどのような状態にあるのかを前もって知っておくことが必要です。


  • ABCクリニック大阪なんば院ご予約お申し込みはこちらから(TOPページ)

  • 包茎の種類について関連コンテンツ

    真性包茎は放っておいてはいけない
    真性包茎は皮によって亀頭が締め付けられて、亀頭やペニスの発育も阻害されがちになり、言うところの「 ..... >> 続きを読む

    真性包茎とは
    真性包茎は通常ペニスが包皮をかぶったまま、勃起時もかぶったまま。簡単に言えばこれが真性包茎です。 ..... >> 続きを読む

    包茎に限らず、あらゆる病気やけがに言えることですが、治す手段だと言われても切れば血が出るし痛いか ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります