切らないで包茎を治療する方法について


包茎に限らず、あらゆる病気やけがに言えることですが、治す手段だと言われても切れば血が出るし痛いから、出来れば切ったり貼ったりの手術はしたくないというのが普通の人の考えだと思います。
だから、誰もがなんとか切らずにできる治療法を選ぶのはごく自然なことです。
「切らない包茎治療法」は比較的軽い包茎に取られる手段で、それほどたくさんの包皮が余っているわけではない軽度の包茎の場合は、皮にある「癖」をつけてやればそれで済んでしまうことが多く、実際には包皮をペニスの付け根に後退させて集めて「組織接着剤」というノリのようなものを注射して固め、ペニスの付け根の陰毛に隠れて目立たないようにすることが出来ます。そして時間が経つとこの「組織接着剤」は組織に吸収されて癖が付いた包皮はそのまま残るが包茎は治る。と言うもので、苦痛も少なく比較的安全なうえに手術寄り治療費も安く挙がるということでこの方法を望む患者は以外に多い。
ところがこの「組織接着剤」がいつまでたっても吸収されずにのこってしまい異物となって固形化してしこりの様になったり、ひどくなるとペニスの形を変形させてしまったりなどする場合が往々にして起こりやすく、そうなるともう包茎よりもひどい事になるので結局この異物の切除手術で取り除く必要がでてくるわけで、余計な苦痛を増やし、時間もお金も余分にかかるという、踏んだり蹴ったりの状態になることは決して珍しくありませんが、これらは表に出てくることもなく隠されやすいので、いつまでたってもこういったケースが減らないのです。
もちろん適切な判断で軽度の包茎ならばリスクも低いですが、切らないことにこだわり過ぎてあまり軽くない包茎に用いてしまうと皮が多すぎてこの様なことが起こりやすいとされています。この「組織接着剤」を使った包茎治療法はこうした理由からも慎重に選ばなければなりません。

  • ABCクリニック大阪なんば院ご予約お申し込みはこちらから(TOPページ)


  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります