真性包茎について少し詳しく

真性包茎とは


真性包茎は通常ペニスが包皮をかぶったまま、勃起時もかぶったまま。簡単に言えばこれが真性包茎です。
赤ちゃんや小さい子供の亀頭はしっかり皮でおおわれています。亀頭は他の部分の皮膚と違って刺激に弱いので、その亀頭を刺激から守るために、子供は「皮かむり」の状態になっていますが、子供時代は亀頭を露出させても役に立つ機会がないのですから問題ありません。
身体全体の成長に伴ってペニスは長く大きくなって行きますが、それを覆っている包皮はさほど伸びない。そこで亀頭が顔を出すようになるのが正常な状態ですが、大人「成人」になっても亀頭が隠れたままだと包茎の可能性があります。
一般的には高校生くらいで亀頭が顔を出すようになるので、中学生くらいならばまだ、包茎だと悩むには早いと思われます。
真性包茎は、包皮の口が狭くて、物理的にどうしても亀頭が顔を出すことが出来ない状態を示します。ペニスの側が狭くなった部分を「絞扼輪(こうやくりん)」と呼びますが、真性包茎ではそれが包皮の口にあって、亀頭の直径よりも狭くなっているため亀頭の露出が困難で、そのため包皮が亀頭と癒着してしまうこともあり、こうなると手を使っても皮がむけないし、勃起をしても皮をかぶったままという状態になってしまいます。

真性包茎は放っておいてはいけない


真性包茎は皮によって亀頭が締め付けられて、亀頭やペニスの発育も阻害されがちになり、言うところの「短小」になりやすい。
そして普段亀頭が守られているので刺激に対しても敏感になり「早漏」になりやすいのも包茎の弊害の一つです。
つまり、「包茎」が原因で「短小」と「早漏」まで背負いこむことになるのです。

コンプレックスとなるだけでなく、機能面でも問題が生じているので外科手術の対象になる状態がこの真性包茎です。
包茎の害はそれにとどまらず、衛生面でも問題が生じます。

亀頭が常におおわれている為に、亀頭と包皮の間に恥垢がたまりやすくなります。恥垢と言うのはおしっこのかすや分泌物が元になってできる粉チーズのようなものです。とても不潔なもので、たまってくると悪臭を放ち、たまりすぎると固まって石のようになることもあります。

恥垢を顕微鏡で見ると、ほとんど黴菌の固まりで、恥垢がたまってくると炎症がおこったり、ヘルペスやコンジローマの原因となったりしやすい。陰茎ガンの原因は恥垢のたまり過ぎだとも言われています。いいことは一つもありません。

この真性包茎は自然治癒することはないので、成長期が過ぎてもこの状態でしたら思い切って医師の診察を受けて、早いうちに手術することを勧めます。

  • ABCクリニック大阪なんば院ご予約お申し込みはこちらから(TOPページ)


  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります